チューコーフロー 高強度ふっ素樹脂粘着テープ 0.1-50×33 ASF118A FR-10X50

訳あり リアホイール SPEED GALE ゲイルスピード TYPE-R HD店 28331112 黒 XJR1300、XJR1200 94年-00年 600-17-ホイール

事例に学ぶ!Instagram運用を成功に導くコンセプト設計【NOYES様インタビュー】

SNSマーケティングにおいて依然として存在感を高めているInstagramですが、ビジュアルや世界観が重視され…中古 Aランク (フレックスS) タイトリスト VOKEY SPIN MILLED SM8 ツアークロム 48°/10°F Dynamic Gold S200 男性用 右利き ウェッジ WG

中古 Bランク (フレックスS) ピン PING GLIDE 3.0 46°/12° SS 純正特注シャフト S 男性用 右利き ウェッジ WG

インフルエンサーマーケティングに取り組む企業必見!人気インフルエンサーが語る成功の条件とは

広告が生活者に届きにくくなっている昨今、よりユーザーに近い立場であるインフルエンサーを活用したマーケティングに…

ジョンストン&マーフィー Johnston & Murphy メンズ ローファー シューズ・靴【Holden Penny】Tan Full Grain

オウンドメディア立ち上げに際し青山学院が大切にした「土台作り」【クライアントインタビュー】

145年の歴史を有する名門校、青山学院。 箱根駅伝等での活躍もあり、”青学”の愛称で既に高い知名度を誇りますが…





ゲイルスピード GALE SPEED リアホイール
94年 ヤマハ XJR1200
95年-97年 ヤマハ XJR1200
96年-97年 ヤマハ XJR1200
96年-97年 ヤマハ XJR1200R
98年-99年 ヤマハ XJR1300

リア用
サイズ:600-17
カラー:ブラックメタリック
タイプ:TYPE-R
材質:アルミニウム(鍛造)
【鍛造方法】
鍛造材は強度があり、その分大幅な切削加工が可能です。細身のスポークや肉薄のリムなど鍛造ホイール独特の形状はここからきています。ゲイルスピードは熱間鍛造法により、8,000tもの高圧で鍛えられ、鋳造品ではなしえなかった軽量ホイールに仕上がっています。
TYPE-Cから前後で約10%の軽量化を果たした上位モデル。
異なる太さのラフメッシュ10本スポークが強度としなやかさを与え、レースユースにも耐えうる性能を持ちます。
装着には別売りの専用スプロケットが必要です。(ノーマルスプロケットは使用できません)
純正のリアディスク用ローターボルトが別途必要です。
XJR1300 -99(国内)/XJR1300 -98(輸出)/XJR1200の場合、190サイズのタイヤはチェーンに接触する場合があります。(メッツラー スポルテックM1 対応可能)
※車種によっては取付に別途パーツが必要な場合があります。
【ゲイルスピード歴史・特徴】
マグネシウム鋳造=高価格のイメージが主流で、ストリートで使用するには敷居の高いパーツでした。
そこで性能はもちろんのこと、デザインと価格帯に着目し既に四輪レースでは主流だったアルミ鍛造ホイールをヒントに、ストリートユースでも入手しやすいカスタムホイールを定着させ、後には「世界で通用するレーシングホイール」を造り上げることをコンセプトに掲げ、ゲイルスピードの開発はスタートしました。
まずはホイールに求められる十分な強度と耐久性、軽量化をアルミニウム鍛造によって可能とし、価格面、デザイン性、ポリッシュ仕上げも加えた豊富なカラーバリエーションをリリース。
単にホイール重量を減らすだけでなく、運動性能を考慮した重量配分と剛性をバランスよく両立させ、様々な課題をクリアしたホイールを実現しました。
ゲイルスピードホイールは発進、制動、加減速、旋回、燃費などといったオートバイの挙動に多くのメリットをもたらします。オートバイのすべての動きがスムーズになりこれまでの愛車とは思えないほどの変化をあなたに感じさせることでしょう。
ゲイルスピードの立ち上げから10年、タイヤの進化に伴い、より高剛性でより軽量なホイールが求められる中ゲイルスピードは鍛造ホイールをホイールカスタムの主軸へと成長させました。

28331112
HD店
テラモト TERAMONO T-REV φ9 0.07 緑 TM1410 JP店

ブランドには物語が必要だ――戦略としてのブランドストーリー

NEW STANDARD(旧:TABILABO)の山田です。前回寄稿したブランドパーパスの記事が予想以上にポジ…

コンテンツマーケティングで【採用】を変える!採用広報のオウンドメディア事例20選(7/5更新)

近年、マーケティングの考え方を採用領域に応用するケースが増えています。その背景には、若年労働人口の減少による有…